このサイトで資産運用、不動産投資について学びましょう
Management dojo

収入に関するリスクの軽減方法

不動産投資における収入面でのリスクを別ページでお話しました。収入面に関するリスクには主に、空室リスク、賃料下落リスク、滞納リスク、中途解約リスクの4つがあげられますが、今回はこのようなリスクを軽減し、安定経営する為の方法についてお話しましょう。

番号1 空室リスク・滞納リスクをプロに取ってもらう

空室などの発生により、当初予定していた賃料が得られなかった場合、投資計画に狂いが生じてしまいます。特に借入金によって不動産投資した場合は空室が発生することによって毎月の返済が賃料収入では賄うことができず、自己資金を持ち出さなければいけない事態も発生してしまいます。このような空室リスクを回避するために、月々、空室があろうとなかろうと、定められた一定の家賃を保証する家賃保証サービスを提供する不動産管理会社が増えてきています。家賃保証の仕組みは以下のとおりです。

家賃保証(サプリース)サービス

家賃保証サービスは上記のように貸主と家賃保証会社とのあいだで、相場賃料の80%〜90%を保証賃料として賃貸借契約を締結します。家賃保証会社は貸主から借りた物件を入居者に相場の賃料で転貸(又貸し)します。家賃保証会社は入居者から受領する賃料と貸主へ支払う賃料の差額を報酬として得ることになる訳です。逆に入居者が退居して家賃保証会社に賃料が入らない場合でも、貸主へは約束した賃料は支払わなければなりません。このようなことから貸主にとってみれば、相場の賃料より安く家賃保証会社に貸すことになりますが、入退居手続きの煩わしさと空室や滞納のリスクを避けれる事になります。

総務省の住宅の統計データでは、既に住居の数が総世帯数をうわまわり、空き家率がすべての都道府県において10%を超えているのが現状です。当然、地域ごとに格差はあるものの10%程度の空室はやむをえない環境になってきているともいえるのです。このようなことからも家賃保証サービスの利用は、有効な空室・滞納リスク回避の手段となってきています。

家賃保証サービスは賃貸住宅を主としたサービスですが、最近では賃貸事務所の家賃保証をする会社も出てきています。現在では多くの家賃保証会社があり、会社の規模、管理戸数、保証される賃料、サービスも各社まちまちですので、パートナー選びが重要になってきているのです。

空室になった場合の家賃を保証する家賃保証サービスのほかに、一度、入居した借主の賃料の滞納を保証するサービスもあります。不動産管理会社が賃料を集金し、借主の賃料が滞っている、いないにかかわらず、定められた賃料を定められた日に立替払いするというサービスです。また、信販会社に保証料を支払うことによって、信販会社が借主の滞納賃料を一定期間保証するというサービスもあります。信販会社を活用する場合、信販会社が入居者の家賃支払い債務を連帯保証(立替払い)することが一般的です。この場合、入居者が保証料を支払い、信販会社と契約するしくみになるのです。

連帯保証サービス

前述した家賃保証サービスや滞納保証サービスは不動産管理会社のサービスメニューの一つとして位置づけられていて、サービスの内容によって不動産管理会社に支払う手数料が変わります。家賃保証サービスに比べ、滞納保証サービスは、空室のリスクを負わないぶん、不動産管理会社へ支払う報酬は少なくなります。

このように家賃保証や滞納保証サービスを利用する場合、不動産管理会社に支払う手数料が発生する為、利回りという観点で考えると、当然、利回りは低下してしまいます。したがってプロにリスクをとってもらい安定経営をとるか、自分でリスクをとって少しでも高利回りを狙うかの判断が重要なポイントとなります。


おすすめWEBサイト 5選

印鑑 通販
http://www.e-insho.com/
出張買取 名古屋市
http://www.r88.jp/
プレイマット 通販
http://www.matsenka.com/
呼び出しチャイムの販売
http://real-system.net/item/ez-call/

2016/7/13 更新

▲ページトップ

リスク軽減方法

運用時のコスト

運用時のコスト2

家賃収入に関するリスク

家賃収入に関するリスク2

お問い合わせ

Copyright (c) Management dojo.All rights reserved